Skip to main content

茶のしずく石鹸等による小麦アレルギー情報サイト

アレルギー情報のページは患者さんや家族の方々に正しい疾病情報、診断情報を提供し、療養に役立てていただくことと、診療に携わる医療者に迅速に専門情報を届けることを目的に開設されました。個々の症状等については主治医、あるいは専門医にご相談ください。

ホーム
特別委員会の紹介
専門医はこちら
化粧品中のタンパク質原料 配布試薬一覧
サイト マップ
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(4月開始)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(6月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(7月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(8月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(9月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(10月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(11月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(12月更新)
コムギアレルギー症例の疫学調査中間報告(1月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(2月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(3月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(4月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(5月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(6月更新)
コムギアレルギー症例の疫学調査中間報告(7月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(8月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(9月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(10月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(11月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(12月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(1月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(2月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(3月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(4月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(5月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(6月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(7月更新)
コムギアレルギー症例疫学調査中間報告(8月更新)
コムギアレルギー症例の疫学調査について
患者用FAQ
旧茶のしずく石けんによるアレルギー診療可能施設
特別委員会紹介
 

FAQ 医療従事者用
 

 "茶のしずく石鹸"を使用したことにより発症する

小麦アレルギーの診断


 

 

 

<茶のしずく石鹸等に含まれた加水分解コムギ(グルパール19S)による即時型コムギアレルギーの診断基準 >

 

(化粧品中のタンパク加水分解物の安全性に関する特別委員会作成 2011.10.11)

 

【確実例】

 以下の1,2,3をすべて満たす。

 

1. 

加水分解コムギ(グルパール19S)を含有する茶のしずく石鹸等を使用したことがある。

2.

以下のうち少なくとも一つの臨床症状があった。  

 

1) 

加水分解コムギ(グルパール19S)を含有する茶のしずく石鹸等を使用して数分後から30分以内に,接触蕁麻疹(痒み,眼瞼浮腫,鼻汁,膨疹など)が出現した。  

 

2) 

小麦製品摂取後4時間以内に痒み,膨疹,眼瞼浮腫,鼻汁,呼吸困難,悪心,嘔吐,腹痛,下痢,血圧低下などの全身症状がでた。

 3.

以下の検査で少なくとも一つ陽性を示す(備考参照)。

 

 

 

1) 

グルパール19S 0.1%溶液,あるいは,それより薄い溶液でプリックテストが陽性を示す。  

 2) 

ドットブロット,ELISA,ウエスタンブロットなどの免疫学的方法により、血液中にグルパール19Sに対する特異的IgE抗体が存在することを証明できる。 

 3) 

グルパール19Sを抗原とした好塩基球活性化試験が陽性である。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病歴からの鑑別

 

 

 

血清学的な鑑別(特異的IgE抗体検査)

 

 

 

 

小麦アレルギー誘発症状による鑑別

 

 

通常型のWDEIAと“茶のしずく石鹸”により発症した小麦アレルギーの鑑別のポイント

注) 島根大学皮膚科学教室受診症例の統計